オタ福の語り部屋

オタクじゃない、俺はオタ福だ!

短頭種気道症候群って何?徹底解剖してみた!

今回は『短頭種気道症候群』について説明する。

短頭種は上部呼吸器(鼻、喉頭、気道)が生まれながらにして呼吸しづらく、それにより様々な症状を示すことがある。構造上の問題を明らかにしていこうと思う。

 

【目次】

 

【うちの子は?短頭種の犬種って?】

短頭種とは字の如く”頭(鼻)が短い”犬種である。

では、短頭種とは具体的にどの犬種を指すのだろうか?

実は、短頭種は明確に定義されていない。

一般的に短頭種と言われる犬種とは

ブルドッグフレンチ・ブルドッグペキニーズ、パグ、キャバリア、シー・ズーマルチーズなど

 

短頭種の構造

短頭種の構造的な特徴として

①鼻の穴が小さい

②気管が細い

③軟口蓋が通常の犬よりも長い

喉頭の強度が弱くペコペコとへこむ

などがある。

この4つの特徴を次に述べていこうと思う。

 

まとめ① 短頭種って?

短頭種とはパグ、ボストン・テリア、キャバリアなどのことをいう

短頭種の構造は主に4つの特徴を挙げられる

 

【短頭種に特徴的な構造って?】

 ①外鼻孔狭窄

【概要】

外鼻孔とは”鼻の穴”であり、それが狭窄つまり”狭くなる”ということである。短頭種の特徴的構造の中で唯一外から見てわかる病変である。

通常、鼻の穴はコンマ型になっているが、外鼻孔狭窄を引き起こしている犬の鼻の穴は直角型になっている。

f:id:otahukutan:20180918110919j:plain

【原因】

こうなる原因として、厳密に明らかにはされていないが長年の品種改良が影響していると考えられている。

【症状】

外鼻孔狭窄が起こると、鼻をつままれているような状態になっているため、息がしづらくなる。症状として、一生懸命呼吸して見えるような『努力性呼吸』が見られるようになる。

犬は人間と違い、口呼吸というものが原則としてできない。鼻が詰まるというのは非常に苦しいものになるのだ。

努力性呼吸が継続すると、十分に呼吸ができないことによる『呼吸困難』が起こる。

呼吸困難が継続されると、胸腔内の圧が極端に低くなる。これにより、場合によっては肺に水が溜まる『肺水腫』になることがある。

肺水腫とは肺胞内に水がたまり、空気の交換ができなくなってしまう病気で命に関わる疾患である 。イメージとしては溺れているような状態だ。

【外鼻孔狭窄かを確かめる方法】

・鼻の穴が直角になっているかをみる

・鼻の前にティッシュを置いて、呼吸ができているかをチェックする

以上の2つでおおよその確認ができるだろう。

【治療法】

重篤度にもよるが、一般的には外科的な矯正がオススメされる。

 術式については執刀する獣医師によって異なるため、詳しくは記述しない。

簡単に述べると、鼻の穴を切開して拡げてあげる手術である。

 

②気管低形成

【概要】

気管低形成とは気管が先天的に十分に形成できず、細くなっている状態のことをいう。f:id:otahukutan:20180918180708j:plain

【原因】

先天的な形成不全であり、これも品種改良によるものと考えられる。

【症状】

気管が細いということはつまり、空気の通り道が少なく、イメージとしてはストローで呼吸しているようなものだ。体に必要な量の空気を吸おうと思えば、それだけ呼吸するための筋肉を動かさなければならなくなる。呼吸筋が疲弊してくると、『吸気困難』に陥る。

【治療法】

治療法としては姑息的なものしかなく、早期の閉塞解除治療を行う。

 

③軟口蓋過長

【軟口蓋とは?】

 ざっくり説明すると鼻と口を分けているもので、息を吸うときは軟口蓋が下がって口腔を塞ぐ。ご飯を飲み込む時は軟口蓋が上がって鼻道を塞ぐ。

【概要・原因】

短頭種は軟口蓋が長いために吸気時に下がると、そのまま気道側へ吸い込まれ、気道を塞いでしまう。これにより、息がしづらくなり、『呼吸困難』を呈する疾患である。吸い込まれた軟口蓋は刺激され、腫れたり、炎症を引き起こす。

【症状】

・息を吸うときにゴロゴロと音が聞こえる

いびきをする

・呼吸をしづらそうにしており、呼吸が速い

これらの症状が見られた場合、本疾患を疑うべきである。 

【治療法】

本疾患は軟口蓋が長いことが原因で起こっている疾患であるため、治療としては軟口蓋を短く切除する外科的治療が勧められる。

ただし、治療を行ってもいびきなどが治る可能性は50%程度と言われている。短頭種の呼吸器疾患は軟口蓋過長以外に複数の疾患が絡んでいることが大きく、この手術だけで完治させるのは難しい。

 

喉頭虚脱

喉頭とは?】

喉頭とは気管の入り口に存在し、軟骨(喉頭蓋軟骨、甲状軟骨、披裂軟骨、輪状軟骨)によって形が保持されている。ここでは誤嚥防止発声の役割を果たしている。

 【概要・原因】

前述した①〜③の疾患により、持続的な気道の陰圧によって喉頭が形を保持できなくなり、潰れてしまう疾患である。

病態の重篤度によってステージ分類がされている。

ステージⅠ:喉頭小嚢の外転する

ステージⅡ:披裂軟骨の楔状突起が内転し、喉頭口腹側を塞ぐ

ステージⅢ:披裂軟骨小角突起の硬度が低下し、内側へ落ち込む

【症状】

息を吸うときに『ヒューヒュー』と高い音がする。

喉頭が狭くなっているため、笛のように音が聞こえるのではないかと考えられる。

【治療法】

 喉頭の構造物が強度を失うことで、喉頭を塞いでいるので、塞いでいる箇所を外科的に切除し、気道を確保してあげる。

 

【お家で診断できる短頭種気道症候群のスコア表】 

ある論文で書かれているスコア表を引用している。

以下の項目に該当するかをお家でも確認できるので、ぜひ活用して欲しい。

スコア0:呼吸に関しての症状が出ていない

スコア1:軽いいびきや息を頑張って吸っている様子がたまに見られる

スコア2:いびきをして、少し呼吸が速い。また、息を吸いづらそうにする

スコア3:いびきがひどく、呼吸もかなり速い。常に息を吸いづらそうにする

スコア4:舌が青紫色になっている。息していない

 

【さいごに】

今回は短頭種の気道症候群について説明してみた。

短頭種はあの可愛い鼻を手に入れたと同時に、快適な呼吸がしにくい仕様になっている。個人的には手術で改善できるものが多いため、そこまで重篤な疾患ではないような印象がある。ただ、手術には麻酔が不可欠なため、100%安全というものは存在しない。その点だけを留意して頂き、獣医師の診断を聞いてもらえたらと思う。